日経225の値動きをリアルタイムでチェックする良いチャートと言えば・・・

僕はこの日経平均株価リアルタイムチャートのサイトをいつも活用しています。

このサイトの良い所は、ドル円チャートやNYダウ先物の株価指数やシカゴ日経先物のリアルタイムチャートも同時に確認する事ができるので、日経225のトレードの判断において非常に便利に機能します。

またNYダウや日経平均株価の比較チャートもあって非常に重宝しています。


nikkei225trader at 14:02|Permalinkclip!日経225のチャートは? 
明日を知りたければ、過去に遡る。データ処理の上では大事なことかもしれません。

日経225先物のように、チャートで組まれているものは、過去からの流れというもの、遡ることが分かってくるものがあるものです。

将来、同じになるという保証はありませんが、今の現象をとるためにも、過去データの研究、今後の日経225先物取引には役に立つ資料となります。

スイングトレードの達人では、5年前までの過去データが検索できます。テクニカルの研究にも役に立つサイトです。

株価データの倉庫では、膨大な資料が満載です。
日経225先物ばかりではなく、あらゆる指標の過去データをダウンロードすることが可能です。

225ラボの日経225ザラ場データでも過去データのダウンロードができます。

明日の動きがわかるというわけではないですが、日経225先物過去データからは、予測と予想程度の今後の展開が見えてくるかもしれません。


nikkei225trader at 08:01|Permalinkclip!その他日経225情報 
日経225先物取引をする場合、手数料だけではなく、リアルタイムチャートの使い勝手やシステムトレードのサービス内容が各社、多少違うようです。

日経225先物のオンライントレードの場合、システムのトラブルが発生し、注文が出せないという事が無いとは言えない為、いくつかの証券会社を使い分ける等、備えが必要です。

そのためにも毎日かかる日経225先物取引の手数料はお得なところを選択するべきですね。

日経225先物手数料は片道、1枚あたり大体1000円前後のところが多いようです。
1日の上限が決まっているところもありますが、その金額も5万円〜10万円台となっています。

その中でも格安な手数料で、松井証券、トートレード証券の525円というものがあります。

日経225先物の注文の仕方がやりやすいのなら、お勧めです。

日経225先物取引で重要な手数料の問題。各社の資料を取り寄せ、検討されることですね。

nikkei225trader at 06:36|Permalinkclip!日経225先物とは? 
日経225の取り引きをする上で、需要なものに、チャート分析が挙げられます。

このチャートは、一朝一夕にできるものではなく、どうしても必要なのは、過去データです。
日経225の相場はトレンドといわれる方向性が出ることが特徴です。動きはテクニカル指標に影響を受けます。

225ラボでは、日経225過去データを無料でダウンロードできます。

証券会社でも日経225過去データを公開していますが大体が有料となっています。

日経225取引に使う証券会社と過去データを取り寄せる会社が同じ必要はなく、極端なことをいえば、口座開設は手数料の安いところ、注文は扱いやすいソフトのところ、過去データは詳しいところと、それぞれ証券会社を使い分けるということも可能でしょう。

日経225取引を始めるにあたり、それぞれの利点やご自分の好みに合うものをアレンジすることをご提案いたします。

このほかにWEB上でも、日経225過去データを探すことは可能です。
無料有料それぞれですから、使う前にはご確認を。

nikkei225trader at 06:25|Permalinkclip!その他日経225情報