まず、先物取引とは、「ある商品」を「将来の一定の期日」に、「今の時点で取り決めた価格」で取引することを「約束する」契約をいいます。

ここで説明する「ある商品」というのは日経225株価指数です。

日経225とは「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

日経225という株価指数を、あたかも株式取引をするような感覚で売買できるのが日経225先物です。

しかし、日経225先物には株券などという存在がない為、すべてが差金決済となります。
つまり自分の口座から損益金だけが増減するわけです。

日経225先物を一銘柄と考えて、売買するのですが、株式投資と違うのは、限月という「○月までに、取引を終わらせてね」と、期限が決められていることです。

日経225先物取引の取引期限月(げんげつ)は3月、6月、9月、12月と決まっており、限月の第2金曜日の前日が清算日となり、この時の清算価格をSQといいます。

注意しなければならないのがこのSQで、日経225先物取引は期限が決まってますので取引期間中に売らなければ、限月の清算日に強制的に取引が終了します。

nikkei225trader at 13:42│clip!日経225先物とは?