日経225先物取引とは、日経平均株価の先物取引です。

先物とは、『あらかじめ決めた日に現時点で取り決めた価格(日経225先物価格)で日経平均株価を売買する取引』の契約を取引することを言います。

つまり、現在の先物価格で決済日の日経平均株価を売買するということができます。

日経225先物12月限(12月物)を11月10日に10000円で購入するということは、
日経225先物12月限の満期日(SQ)である、12月の第二金曜の日経平均株価を11月10日の時点で10000円で買うということになります。
SQに日経平均株価が10000円以上の値を付けていれば利益となり、それ以下なら損失ということになります。

売り場合は、SQ時に、10000円以下の値で利益を上げることができます。

日経225先物取引の投資対象は日経平均株価指数です。日経225先物の採用銘柄を売買するのではなく、売買権利の取引のため、反対売買による差金決済が行われます。

そのために売りでも買いでも利益を得ることができます。

nikkei225trader at 05:35│clip!日経225先物とは?