日経225オプション取引とは、日経平均株価を権利行使日 (毎月の第2金曜が満期日)に、権利行使価格 (500円刻みで指定する)で、買い付ける、又は売り付ける 権利の売買をいいます。

「売る」権利のことを「プットオプション」、「買う」権利のことを「コールオプション」といいます。

日経225オプション取引の特徴として、オプションの買い手は権利行使によって決済することが出来ます。

コールオプションの買いであればその値段で日経平均を買うことが出来、プットオプションの買い手は、その行使価格で日経平均を売ることが出来るわけです。

満期日にしか権利行使できないヨーロピアンタイプを日経225オプション取引はとっています。

日経225オプション取引ではオプションの買い手は権利を得るために売り手に「プレミアム」と呼ばれるオプション料(=これが通常の株価のようなものです)を支払い、売り手はこのオプション料を受け取ることになります。

日経225オプション取引は株価指数という抽象的な数値を取引の対象とするため、反対売買以外の決済は差金決済となります。なお、満期日に権利行使しなかったオプションは消滅します。

nikkei225trader at 10:35│clip!日経225オプションとは?