日経225先物取引に、日経225先物ミニが加わりました。

日経225先物というのは、株式投資のように売買代金で支払うのではなく、証拠金と呼ばれる担保を差し入れることで取引をします。

そして、日経225先物ミニというと、日経225の10分の1で取引をすることになります。

先物取引は、レバレッジをきかせ、少ない資金で大きな取引することがメリットデメリットになりますが、日経先物や日経225先物ミニでも同様で、日経225の10分の1というと、5万円前後の証拠金で、日経225の100倍の取引をすることになります。

16000円の日経225のとき、100倍の取引ですから、160万円の取引を行っていることになります。
証拠金額が5万円だとすると、実に32倍の金額を運用していることとなります。

先物取引で怖いのが、予想に反して動いたときで、このときの日経225先物ミニの32倍の運用がそのままマイナスになるということです。

日経225先物の手数料もなかなか高いもの。ところが、日経225先物ミニの場合、やはり10分の1となり、100円から200円前後と安価なはうれしいですね。

nikkei225trader at 06:16│clip!日経225miniとは?