株式投資の投資先は約4000。この中からの銘柄選択なると大変労力が必要です。
その点、日経225先物の投資先は日経平均株価指数のみです。

日経225先物を説明すると、現時点では売買の価格や数量を約束し、約束した日に売買するということです。

現時点=15000円で買う約束をし、
買う約束した日=16000円でしたので、1000円儲かりました。

簡単に言うと、こういうことです。
買う約束をした日が14000円ですと、1000円損をすることになります。

日経225先物を始める際に必要な証拠金。SPAN証拠金と言います。
これは、決済したときの損失をカバーするためのものと考えてよいと思います。
この金額は、証券会社によって差があります。

証拠金を入れ、実際の取引をしますが、ここで出てくるのがレバレッジです。
日経225先物のレバレッジは1000倍といわれます。

17000円の日経225先物を取引をしていても、実際には1700万円の投資をしていると同じだということです。

株の信用取引の3倍のレバレッジと比較しても高いレバレッジの日経225先物

リターンはとても大きいですが、リスクもまた大きくなってしまいます。
ですから、リスク管理は大事です。

nikkei225trader at 09:53│clip!日経225先物とは?