チャートから見えてくるもの。
それはあらゆる投資にも言えることですが、日経225先物についても言えます。

日経225先物チャートで、上下動はありますが、2年、3年と期間で眺めると同一方向のトレンドが見えてきます。

こうしたトレンドは短期的な日足チャートや分足チャートの値動きの中からも見出すことができます。
このトレンドの見極めに必要なのがテクニカル分析です。

日経225先物チャート上の動きから、相場が上昇するのか、下降するのか、どのポイントで買うのか売るのかを分析するものです。

テクニカル分析とされているものの多くが、様々な形でダウ理論に由来するものであり、ダウ理論こそテクニカル分析の元祖といわれています。

理論としてはきわめて単純で、チャートの高値と安値の現れ方によって、相場が上昇トレンドにあるのか、下落トレンドにあるのかを判断するものです。

日経225先物についても、投資対象がひとつで、上がるか下がるか、結局はその一点に尽きます。

日経225先物でのチャートは、証券会社や無料のサイトで見ることができます。

nikkei225trader at 08:31│clip!日経225のチャートは?