金融商品をあらかじめ決めた値段で売買する「権利」のことをオプションと言います。

日経225先物オプションとは、金融商品が日経225先物にあたり、日経225先物の取引する権利を取引することです。

その権利を手に入れるためにお金(プレミアム)が存在しています。

簡単にまとめると、日経225先物オプションのプレミアムが安いときに買い、高いときに売り、差金を得る、または高いときに売っておいて、安いときに買い戻し、差金を得るということになります。

ですから、日経225先物オプションは買う権利(コール)の買い手、売り手、売る権利(プット)の買い手、売り手の4種類のオプションがあります。

日経225先物オプションの買い手はプレミアムを支払い権利を受け取りますが、売り手はプレミアムを受け取りますが、買い手が権利を行使したときにはその権利行使に応じる義務が発生します。

株そのものの現物ではなく、権利の売買で、上がれば儲け、下落で損という単純な図式ではいかないのが日経225先物オプションです。

ぞれだけに、うまくやれば、儲けは無限大に、ということは、損失も無限大という可能性もありますね。

詳しくは、大阪証券取引所のHP

nikkei225trader at 10:03│clip!日経225オプションとは?