日経225とは?

日経225とは、日経平均株価のことを言います。

東証一部に上場している銘柄株式から225銘柄を対象とした株価指数で、TOPIXと並んで日本を代表する株価指数です。

日経225先物、日経225ミニ、日経225オプションという先物取引は、この平均株価指数を取引するものです。

個別銘柄と違い、日経225株価を対象としていますので、株券などは存在せず、全てが差金決済となります。

つまり自分の口座から損益金だけが増減することとなります。
そして、株主優待という特典も望めません。

日本のほか、シンガポールやシカゴでも日経225は取引されており、国内だけの動向ではなく、世界情勢などとも連動することがあります。

大引け後の海外の動きで、翌日の日本での寄り付きは前日比と大きくかけ離れて始まるということも珍しいことではありません。

そのため日経225株価指数のダイナミックな動きで取引ができます。

1日中動き続ける日経225、数分単位で損益が出るスピーディな取引ともいえます。

nikkei225trader at 06:48|Permalinkclip!
日経225採用銘柄は、東京証券取引所一部上場225社の企業からなっています。
NIKKEI225としても海外にその名称としては有名な日本を代表する株価指数となっています。

具体的には、コード順に
1000番台の水産、鉱業、建設 
2000番台の食品。
3000番台の繊維、紙パルプ  
4000番台の化学、医薬品。
5000番台の鉱業、鉄鋼、非鉄、金属製品 
6000番台の機械、電気機器。
7000番台の造船、自動車、輸送用機器、その他製造。
8000番台の商社、小売業、銀行、証券、保険、不動産。
9000番台の電力、ガス、サービス、鉄道・バス、陸運、空運、倉庫、情報・通信となっています。

この中で一番多い日経225採用銘柄は電気機器となっています。
9000番台の後半、情報・通信では、ヤフーやスカパーなど、比較的新しい企業も日経225採用銘柄となっています。

日経225採用銘柄は売買が活発で市場流動性の高い225銘柄によるダウ式修正平均株価です。

老舗と新興が入り混じっているといっても、老舗の方が圧倒的に多いわけですが、今後どのような入れ替えがあるのか、長い歴史の中で日本経済の移り変わりが見えるような日経225採用銘柄ですね。

nikkei225trader at 07:55|Permalinkclip!
日経平均株価日経225)は、東京証券取引所第一部に上場する225銘柄から構成される修正平均型の株価指数です。

アメリカにはニューヨークダウがありますが、それに日本版が日経平均株価日経225)です。

日経平均株価日経225)は、戦後、東京証券取引所が再開された1949年5月16日の単純平均株価176円21銭よりスタートした。

指数算出の対象となる225銘柄は、東京証券取引所第1部上場銘柄から流動性や業種のバランスを考慮して選択されているので、株式市場動向が非常に顕著にあらわれた形となります。

日経平均株価日経225)=225銘柄の株価合計÷除数で算出されます。

日本の代表的な株価指数であるため、市場動向には、為替市場や諸外国の株式市場にも敏感に影響します。

最近では、日経225miniなど派生先物商品などもありますし、昔から日経平均連動型の投資信託などは有名ですね。

日本の株式市場動向を語る上で、外せないのが、日経平均株価日経225)ということになります。

nikkei225trader at 07:51|Permalinkclip!
日経平均株価(日経平均)は日本の株式市場を代表する株価指数です。

50年に及ぶ歴史があり、内外の投資家や株式市場関係者に最もよく知られています。

終戦直後の1ドル=360円の為替レートにちなんだ「1ドル相場」、1965年(昭和40年)の証券不況での「1200円攻防戦」、バブル絶頂期の史上最高値3万8915円など、株式市場の歴史は日経平均抜きには語れません。

日経平均株価は「ダウ式平均」によって算出する指数です。

基本的には225銘柄の株価の平均値ですが、分母(除数)の修正などで株式分割や銘柄入れ替えなど市況変動以外の要因を除去して指数値の連続性を保っています。

日経平均225指数算出の対象となる225銘柄は東京証券取引所第1部上場銘柄から流動性・業種セクターのバランスを考慮して選択しており、株式市場の動向を敏感に伝えます。

日経平均225の採用銘柄は、日本を代表する企業が連なっていますが、多い業種は電気関係です。

続いて、自動車、食品、科学、非鉄、金属製品となります。

日経平均225は派生商品として、シンガポール取引所、大阪証券取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所などで幅広く利用されています。

国内外においても日経平均225先物は人気のある商品です。

nikkei225trader at 07:28|Permalinkclip!
最近、「日経225」という投資商品がでてきましたね。

これはどのような商品なのでしょう?

日経225の「日経」とは、日経平均株価指数のことです。
東証1部に上場している企業は1400社以上。この中からさらに代表的な225銘柄
を選び、各社の株価から算出された株価指数が「日経22日経2255」と呼ばれます。

そしてこの225銘柄の株価指数と連動した投資商品が「日経225」なのです。

ただでさえ安定している企業ばかりで構成される東証1部のなかでも、さらに
代表的な企業を集めた日経225指数。
日本の大企業225社の株をまとめて、お手頃な値段で購入することができるということなのです。

これから日本の景気はゆるやかながら上昇すると言われています。
日経平均も上がり、「日経225」も長いスパンで見れば安定して上昇すると思われます。
株を長期間保有したい方には、うってつけの商品と言えるでしょう。

また、この商品のメリットの一つとしてはいちいち個別銘柄を確認しなくても日経平均株価指数を見ればある程度の変動が確認できることです。
株価を確認する時間のない方にもお勧めできる商品です。

nikkei225trader at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!